子猫用のキャットフード

子猫用のキャットフード

子猫用のキャットフードはたくさん販売されています。
子猫は「キトン」と呼ばれ、「キトン用」と表示されているものもたくさんあります。
子猫用のフードには、子猫から12カ月までの子猫用であるとともに母猫用でもあるものもあります。

子猫用の中でも生後四カ月ごろまでの子猫を対象としたキャットフードは、子猫が食べやすいように小さめの粒になっています。
成長前期、後期と分けられた子猫用のキャットフードhttp://catfood.tokyo.jp/nennreinokannkei.htmlもあります。
子猫の歯は生後六カ月くらいで永久歯へと生えかわります。

子猫用のキャットフードは、子猫が成猫になるための成長段階に必要な栄養素が揃えられています。
粒の大きさをはじめ、味、栄養成分などの面を含め、子猫用のキャットフードは子猫に合わせて作られています。
そのため子猫用のキャットフードは成猫用のキャットフードよりも栄養価が高くなっています。

ドライのフードとウェットのフードはどちらかを少し混ぜたりする出し方もあります。
水分の含まれている量や食べやすさ、歯垢のつく心配からといった飼い主の方の考え方や配慮による工夫で、大事な成長途中にある猫ちゃんの健康が支えられています。
多くの工夫されている子猫用のフードの中から、より猫ちゃんに合ったフードを食べやすい状態で出せるとベストなのではないでしょうか。
1歳近くになってきたら徐々に子猫用から成猫用に変更していく必要があります。
子猫用と成猫用のキャットフードではカロリーが違いますので、1歳を過ぎてもずっと子猫用を与えているとだんだんと太っていってしまいます。
愛猫がいつまでも健康的な体型でいられるように、年齢や体型に合わせてキャットフードを変更していきましょう。