キャットフードでアレルギー対策

キャットフードでアレルギー対策

猫ちゃんのアレルギー症状には、吐く、おなかの調子が悪い、体を痒がるなどがあります。
アレルギー対策のキャットフードにはさまざまなものがありますので、その中から、猫ちゃんのアレルギーの原因となっている食材が含まれていないキャットフードを探す必要があります。
つまり、アレルギー対策のキャットフードだからとどれでもいいわけではないのです。

例えば、穀物アレルギー体質の猫ちゃんの場合は、穀物不使用のキャットフードでなければなりませんし、もし豚肉にアレルギーがあるのであれば、豚肉を使用していないキャットフードを選ぶ必要があります。
含まれている添加物の量が多いとアレルギー反応を起こす猫ちゃんもいますので、そういった場合は無添加のキャットフードを選ぶようにしてください。

だったら、アレルギー対策のキャットフードを選ばなくても、と思われるかもしれませんが、アレルギー対策のキャットフードの場合、品質の良い安全面を考慮したものが多く、人工香料などを使用していないものが多いです。

フードを変えることにより、おなかの調子が良くなったとか、毛並みが良くなったといった改善が期待できます。
ただ、アレルギー対策のキャットフードは、どの猫ちゃんにも一律に効果があるということではなく、この猫ちゃんには抜群に合うけれど、この猫ちゃんには合わない、ということもあります。
獣医さんのアドバイスを参考にしたり、猫ちゃんの調子をみながら、猫ちゃんの体質に合ったキャットフードを探していけると良いのではないでしょうか。